メニュー 閉じる

清水港初となるタイ向けサツマイモ輸出

2022年12月5日、株式会社日本農業 (本社:東京都品川区、以下「日本農業」) は、清水港初となるタイ向け静岡県産サツマイモの輸出を行いました。本輸出では約10トンのサツマイモを、日本農業の子会社である、ジャパンベジタブル株式会社 (本社:静岡県牧之原市、以下「ジャパンベジタブル」) が提供し、海上輸送されます。輸出した静岡県産サツマイモは清水港からレムチャバン港へ運搬され、日本農業タイ法人 (社名: Nihon Agri (Thailand) Co., Ltd.) が現地での販売及び、物流実験検証、流通・販売等のマーケティング調査を行います。

■本件輸出の経緯

本輸出は、静岡県が行う「山の洲産品の清水港輸出拡大事業」を活用した取組であり、今回、日本農業は同事業の公募により採択され、初めて静岡県産のサツマイモを清水港からタイへ輸出します。

同事業は、中部横断自動車道の全線開通に伴い、山の洲(静岡県、山梨県、長野県、新潟県)産品を清水港から輸出する仕組みを構築し、清水港を活用した農産物等の輸出拡大を目的としています。

輸出されるサツマイモは、日本農業が子会社として静岡県で立ち上げた、ジャパンベジタブル及び、同社の契約農家が、荒廃農地を再生し生産を行い、ジャパンベジタブルによって選果・こん包されました。

貨物受入れからバンニング (コンテナへの積込み) については、鈴与株式会社(本社:静岡市、代表取締役社長:鈴木 健一郎 )が担当し、タイへ輸送後は、日本農業の現地法人が販売及び、物流実験検証、流通・販売等のマーケティング調査を行います。

■ジャパンベジタブルについて

ジャパンベジタブル株式会社は、サツマイモを中心とする畑作品目の生産・選果・こん包・販売を行うため、日本農業の子会社として 2022年6月に設立しました。自社圃場は静岡県内の荒廃農地を再生し整備、2023年には総面積15haでの作付け、2025年度末までに、流通総額10億円規模 (約5000トン) のサツマイモ産地の形成を予定しています。

サツマイモはタイ含むASEAN諸国で人気があり、日本からの輸出量も右肩上がりであるにもかかわらず、需要の急拡大や病基腐 (もとぐされ) 病の蔓延で供給が間に合わず、機会損失に繋がっていることを受け、日本農業は「供給量自体を増やし、国内外需要に応えたい。」という想いからジャパンベジタブルを設立しました。

静岡県には、干し芋生産の発祥の地 (御前崎市) があるように、高い生産技術を有する農家も多い一方で、農業の担い手不足、産業の空洞化、荒廃農地の増加といった課題に直面しており、ジャパンベジタブルはそれらの課題を、農業を通じて解決すべく、契約農家や農協等と連携し、輸出産地の形成を推進しています。

■ジャパンベジタブル株式会社 会社概要

社名     : ジャパンベジタブル株式会社
本社所在地  : 静岡県牧之原市静波557-1
代表者    : 南野 真広
設立年月日  : 2022年6月13日
資本金    : 500万円
株主     : 株式会社日本農業
事業内容   : サツマイモを中心とする畑作品目の生産
園地所在地  : 静岡県袋井市、掛川市、御前崎市 (2023年に15haの耕作を予定)
サツマイモ栽培品種 : べにはるかを中心に栽培

■株式会社日本農業について

企業名   :株式会社日本農業
代表者   :内藤祥平
設立       :2016年11月
所在地  :〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目13-7 マルキビル101
URL       :https://nihon-agri.com/

■お問い合わせ先

株式会社日本農業 広報担当 清瀬
メールアドレス   pr@nihon-agri.com
電話番号                080-4423-4627

to-top