メニュー 閉じる

ニュース

群馬県高崎市多比良地区にて、キウイ圃場10.7haを開園

株式会社日本農業(本社:東京都品川区 代表取締役CEO:内藤祥平)の子会社である、ジャパンキウイ株式会社(本社:香川県三豊市 代表取締役:小林潤也)は、2024年3月に群馬県高崎市吉井町多比良地区にて、約10.7haのキウイ圃場を開園する予定です。キウイの収量と栽培を安定化させるために、ニュージーランドで広く普及している、ストリンギング栽培を採用。群馬県産キウイの魅力を国内外に伝えていきます。 キウイ園地 開園予定地 1. プロジェクト概要 ジャパンキウイ株式会社は、群馬県高崎市吉井町多比良地区にて、2024年3月に約10.7haのキウイ園地の開園に向けた準備を行っています。収穫量については、…

9月14日(水)開催 グローバル農業投資カンファレンス「アグリイベスター東京フォーラム2022」に弊社代表の内藤が登壇いたします。

9月14日(水) 08:00~19:00、 PEI Media Groupがシャングリ・ラ 東京で開催するグローバル農業投資カンファレンス「アグリイベスター東京フォーラム2022」にて、弊社代表取締役社長の内藤が登壇いたします。カンファレンス詳細についてはこちらの公式サイトからご確認いただけます。参加ご希望の方は所定の申し込みフォームからご登録ください。 開催概要 登壇 株式会社日本農業 代表取締役社長 内藤祥平 日時 9月14日(水) 08:00~19:00 場所 シャングリ・ラ 東京 (東京都千代田区丸の内1丁目8−3 丸の内トラストタワー 本館) 登録申込方法 申し込みフォーム…

株式会社日本農業が約11億円の新規資金調達を完了。ラクスルCOO福島氏がアドバイザーとして就任し、グローバル展開へ積極投資を進める

日本の農産物や品種の輸出を通じて「日本の農業で世界を驚かす」ことをミッションとする株式会社日本農業(代表取締役:内藤祥平/所在地:東京都品川区/以下、「日本農業」)は、アグリビジネス投資育成株式会社、オイシックス・ラ・大…

to-top